大学生実習訓練

中軟国際教育科技集団は人材研修センター(ETC)と人材訓練センター(EEC)を設置しており、中軟国際人材戦略の主要構成部分の1つである『企業の発展に必要な人材育成』の任務を負っています。

中軟国際大学

業界現状分析

雇用情勢分析

協力目標

協力大学

協力大学

中軟国際は下記の大学と協力してソフトウェアおよびサービスアウトソーシング学院を創立あるいは共同で学科を構築しました。

  • 内モンゴル民族大学
  • 江西理工大学ソフトウェア学院
  • 塩城師範学院
  • 太原理工大学
  • 厦門工業学院
  • 常州大学
  • 北京交通職業技術学院
  • 百色職業学院
  • 常州情報職業技術学院
  • 北京工業大学耿丹学院
  • 山東情報職業技術学院
  • 天津ビジネス職業技術学院
  • 常熟工科大学
  • 常州信息职业技术学院
  • 武昌首義学院
  • 南通工科大学
  • 湖北工業大学の工学技術学院
  • 吉首大学
  • 泰州学院
  • 武漢商工業学院
  • 韶関学院
  • 南京金陵科学技術学院
  • 渤海大学
  • 長春情報職業技術学院
  • 南京三江学院
  • 遼寧建築職業学院
  • ハルピン大学
  • 南京工程学院
  • 長春光華学院
  • ハルビンの廣廈学院
  • 天津師範大学
  • 遼寧省林業職業学院
  • 黒河学院
  • 天津工業大学
  • 赣南師範学院
  • アムール川商工業学院
  • ……
  • 新余学院
  • アムール川外国語学院
  •  
  • 誠毅学院
  • 南通大学

雇用情勢分析

人材はソフトウェア産業の最も重要な資源です。中国のソフトウェア業は情報産業部の、ソフトウェア業生産額が2005年の3900億元から2010年の「1兆元」の大台を突破するという発展企画を実現するには、肝心なところは即ち強力に高素質の人材を育てることです。現在の中国国内のソフトウェアハイエンド人材の数量現状からソフトウェア業先進国と比べると、これからの5年に、中国国内のソフトウェア業界のハイエンド人材は少なくとも20万人不足、比較的強い総合的実力を備えているハイエンド人材の年俸はすべて100万元の大台を突破します。人材はサービスアウトソーシング核心産業の駆動要素として、「第12 次5ヵ年計画」の間に中国のサービスアウトソーシング産業のアップグレードと発展の取得には重要な働きがあります。そのため、サービスアウトソーシング産業と企業発展の需要によって、完備な区域サービスアウトソーシング人材サプライチェーンを構築するには、中国のサービスアウトソーシング人材教育と訓練の核心と重点任務になります。

どのソフトウェア企業でも、下記の3種類人材が必要:1、技術、業界知識と管理を知っているソフトウェアの高級人材;2、ソフトウェアエンジニアと言うシステム分析と設計の者;3、上手にプログラミングできる初級技術職場や初級プログラマー。初級プログラマーの大変不足しているのは中国ソフトウェア業界発展の「弱点」だけではなく、世界ソフトウェア業も共に直面する問題です。

協力目標

中軟国際は大学と協力して、共同育成、産学連携深化を実現しました:

1. 学院は高素質人材の育成目標を確立しました。産学連携モデルを取って、共同で教育内容と課程体系の改革を進め、新たな教授法と手段を推進して、革新と実践能力の育成体系を改善しようとしています;

2. 中軟国際は中国国内と業界の大手有名企業として、十分な技術実力と新卒を引き付ける能力があります。ETC訓練基地は教育部に認証された中国全国ソフトウェアエンジニアリング学科の大学生の実習訓練基地として、完備な訓練教育体系、教育用設備と強大な実戦型のプロジェクトマネージャーチームがあります。各大学と共同で学生募集、課程置換などを含める深い程度の産学連携を展開することを望んでいます;

3. 協力の双方は「採長補短、分業協力、優勢相互補完」の原則をもとに、新しい専門と学科方向に向かって有益な探求を行い、産学連携によって特色の人材を育成するほうには重要な一歩を踏み出し、必ず強く専門と学科構築の高速発展を推進します。産学連携をガイドにして、大学との共同学生募集を行います;学生の就職を結果にして、学生の総合的な素質と技術、技能を引き上げ、学生就職と企業求人需要の間の需給矛盾を解決し、学校、企業が学生とのつながりを実現します。

4. 協力の特色: プラットフォーム管理をサポートにして、「3双育成」(即ち双教師、双教室、双基地)が「人材雇用サービス食物連鎖」と互いに結合する人材育成モデルを実現し、育成するには基礎と実践は同じく重視し、技能のアップも重視します。ファイリング、教育、訓練、テスト評価、審査、実習、準雇用、分類運送などの段階を通じて、絶え間なく学生の職業技能と就職競争力を強化し、経済社会のために非常に不足している実戦型、プロジェクト型のソフトウェア人材を育成し、地方経済発展にサービスする方面に貢献をします。

業界現状分析

ソフトウェア産業は中国経済成長を引き上げるキーポイントです。調査によると、IT業界は中国経済成長のために非常に重要な貢献をしました。そしてソフトウェアはIT業界発展の中で全局面を左右し、経済成長を推進するおよび経済チャンスを作る触媒になっています。

IDC機関のデータによると、世界的な金融緩和政策の影響を受けて、2012年にソフトウェア業を含める全世界のIT支出は6.9%成長する見通しです。新興市場のIT支出は13.8%成長する見込みです。その中に、中国のIT消費支出の増加比例は一番高くなり、15.3%になる可能性もあります。2012下半期まで、中国は日本に取って代わってソフトウェア市場二番目の支出の国になります。

スマート試験室

中軟国際より提供する訓練内容は技術類プロジェクトの実戦訓練と職業素質訓練の2つの部分で構成され、技術方向はJava、. Net、C/C++、ソフトウェアテスト、3G、モノのインターネットなどの方向をカバーしまた欧米ソフトウェアのアウトソーシング、対日ソフトウェアのアウトソーシング、対日BPO、金融保険、電信、電子政策務など主要業務領域にかかわる。2011年にモバイルインターネット及びモノのインターネットの実験箱製品を開発し、より高い基準で当該分野の欠乏な人材を育成している。

詳細はこちら >
ITラーニングソーシャルプラットフォーム

オタク学院はクラウドコンピューティングモードに基づいたソーシャル化オンラインラーニングプラットフォームであり、IT関連の専門教師・生徒にワンステーション教育とラーニングサービスを提供し、教育モードの変革・促進を通じて、教育品質を向上させています。教師の実践教育における事例情報を蓄積・活用することにより、生徒のラーニングをフォローし、また有効な教師と生徒のインタラクティブ方式を構築して、学校と企業の情報共有を促進しています。

職場昇進

中軟国際は職場昇進の意欲のある生徒に豊富な研修サービスを提供します。中軟国際は多くの専門分野のグローバルIT 技術認定センターを持ち、ソフトウェア技術とソフトウェア管理研修の業界経験を融合して、専門技術チームを編成し、また多くの研修成功事例を蓄積しています。提供するサービスには以下のものがあります。国際及び国内標準認定プログラム研修、将来の社員の就業前研修と教育カリキュラム、内部講師研修(TTT)、コースウェア研究開発、オンラインラーニング。

詳細はこちら>
中国全国分布

中軟国際教育科技グループ

北京市海淀区中関村科学院南路2号融科資迅中心C座北ビル12階
TEL:400-666-3775

中軟国際卓越訓練センター(北京)

北京市昌平区昌平町邓庄北京交通の職業の技術学院
TEL:010-61775746

中軟国際卓越優秀体験センター(北京)

中軟国際卓越優秀体験センター(北京)
TEL:010-57754026/7136038

詳細はこちら >