ホーム > 卓越訓練センター > スマート試験室

スマート試験室

中軟国際より提供する訓練内容は技術類プロジェクトの実戦訓練と職業素質訓練の2つの部分で構成され、技術方向はJava、. Net、C/C++、ソフトウェアテスト、3G、モノのインターネットなどの方向をカバーしまた欧米ソフトウェアのアウトソーシング、対日ソフトウェアのアウトソーシング、対日BPO、金融保険、電信、電子政策務など主要業務領域にかかわる。2011年にモバイルインターネット及びモノのインターネットの実験箱製品を開発し、より高い基準で当該分野の欠乏な人材を育成している。

中軟国際試験室はスマート、知恵、革新を旗印に、CDIO工程(工程教育モデル)の理念により構築、整備され、工程タイプとアプリケーションタイプの育成をアピールして来ています。基礎実践教育と工程試験室の構築は受講生の総合的知識の向上、受講生の就職促進、及び自動化、組みこみ式、IOT、モバイルインターネット研究環境の改善、また科学研究成果の向上に大きく貢献しています。

中軟国際試験室の構築3ステップ:

1ステップ、基礎系試験室を構築して、試験装置または開発ボードで1つのシステム工程案の設計、ソフトウェアのプログラム開発、通信方式の選択、ホストコンピュータの制御インターフェース設計など主な知識とスキルの向上を、訓練及び実際の仮想訓練を通して習得して行きます。

2ステップ、実習訓練系試験室を構築して、総合実習訓練プラットフォームとスマート企業管理プラットフォームに分けます。主要機能は受講生が基礎試験の上で自動化、組み込み式、IOT、モバイルインターネットなど通信制御技術を利用して工程案設計、センサーの選択、通信方式選択、モニタリングインターフェースプログラム設計の訓練を行います。

3ステップ、業界系試験室であり、主要機能は訓練受講生のキャリアアップ能力を訓練し、即ちそれぞれの業界におけるIOT技術を活用してシステム工程の据え付け、デバッグ活用を行うスキル向上です。例えば、スマートホームの実習訓練プラットフォーム、スマート交通シミュレーション実習訓練プラットフォーム、スマート農業シミュレーションプラットフォーム、スマート倉庫管理プラットフォーム、かつAndroidモバイルインターネットによってIOTアプリケーションシステム工程におけるモニタリング端末に対してモバイル通信と制御を実現します。