歴史のあるIT企業の「心」の選択——方正電子

「解放号」プラットフォームはたくさんの企業を集めて、彼らのプロジェクト緊急時における要員問題を解決するだけではなく、またプラットフォームは専門技術基礎のサポートによってアウトソーシングサービス側の事例経験に対してもこまめに洗い出しを行い、彼らがアウトソーシングサービス側を探す時、ビジネスのニーズに従って、類似事例を持つ技術者を見つけることができ、また進行中のプロジェクトとのシームレスドッキングを実現し、最大限に開発の効率を向上させることが出来ます。 方正電子により印象深くさせたのは、プロジェクトの開始前に、「解放号」のサービススタッフが訪問して、プロジェクトのニーズを整理し、真の専門ソーシング分解サービスを体験させ、もとの複雑なプロジェクトをより解決しやすい個々のモジュールに分解することで、インターネットモードの「素早い活用」を最大限にしました。

中国移動通信と飛信APPテスト

テスト対象:中国移動通信和飛信APP
テストプロジェクト:機能テスト、両立性テスト、使いやすさ体験テスト
テスト時間:8日
テスト要員:1名のテスト専門家+10名のテスト専門担当+30名世論調査要員
テストアドバイス:和飛信APPは中国移動通信が打ち出す即時通信ソフトウェアとして、電子メール、ブログ、音楽、テレビ、ゲームと検索などの豊富な機能を集約して、コミュニケーション、インフォメーション、娯楽、検索、電子商取引、オフィス連携及び企業カスタマーサービスなどを一体化した総合化情報プラットフォームです。 今回のテストで得られた結果のフィードバックから見ると、和飛信APPの各項目の機能は比較的完全であり、基本的にこの市場の位置付け要求を満たすが、当該APPは依然として以下の一部の重要な課題が積み残されています。
1. APPによる音声通話の品質向上の必要性
2. iOS/Android間の情報更換に壁がある;
3. 現在ログイン状態のログオフ機能がない;
4. PCから携帯電話へのアドレス帳インポートに異常が存在します。 製品バージョンの繰り返しにおいて上記を早く解決して、さらに製品の競争力を向上させる必要があります。また、ソフトウェアのインターフェースUI設計がより向上すれば、より良いユーザーの使用体験を獲得することが可能となります。

VR(virtual reality:仮想現実)で「解放号」と出あい——武漢銀都文化メディア株式有限公司

現在、銀都メディアはすでにモデルチェンジに成功したが、銀都メディアのインターネット向けの発展加速化は停止せず、インターネットのモデルチェンジは科学技術のサポートと同様、「解放号」との長期協力は企業のモデルチェンジに確実なIT保障を提供しています。
インターネット時代において常にチャンスと課題が併存しており、いかに新しいインターネットを活用した新興産業の中で、自分のポジションを見つけて新たに出発するのかが、各々の従来の企業が深く考えるべき課題でもあります。銀都メディアがインターネット時代に即応し、素早くモデルチェンジできているのは、これまで企業が時代の発展に適応して来た才ある企業だかららです。 中軟国際「解放号」は銀都メディアのために、それのモデルチェンジ成功に新しい技術活力を注ぎ込み、さらにそれがいかにインターネット技術を利用して「文化+」を実現するかの方向を明示しています。

更なる事例について、更新情報をお楽しみください......