解放号

解放号について

「解放号」は信頼できるITサービスインターネットクラウドソーシングプラットフォームに位置付けして、ソーシャル連携、共有の原理に基づき、中、短期間においてITサービスニーズのあるお客様、サービス提供意向のある個人、チーム及び企業向けに取引、コミュニケーションのプラットフォームを提供する;ITサービスプロセス全体において開発協力クラウド及び有効で、全面的な補佐と指導を提供して、取引双方の速く、安全で、有効にソフトウェアのカスタマイズ開発と引き渡しを完成できることを確保する。

「解放号」はソフトウェア開発者から着手して、ソフトウェア開発スタッフの知的生産力の軽減化にも取り組んでいます。 私たちは「個人生産力を軽減して初めて全体ソフトウェア産業の生産力を高めることができる」と確信しています。

Gartnerは2年前にITサービスのBimodal(デュアルモード)観点を提案し、国内、外各大手企業より広く認識されています。彼らは、将来におけるIT構築は2つの方法が存在し、かつ長期間にわたって共存すると言っています。方法の1は従来のITサービ方法に対応して、ニーズと目標が比較的に明確化しており、産業化ITの方式で取り組めるものです。方法の2はビジネス革新にサービスするIT構築に対応し、最も大きな特徴はニーズが確定ではなく、模索しながら引き渡すことが必要で、方法2の開発は素早く、開発サイクルが短いなどの特徴があると考えています。

「解放号」で提供するITサービスは、同時に方法1と方法2の要求を満足でき、企業においてもでる方法2の素早いトライ&エラー、及び革新開発を実践する重要なルートにあります。プラットフォームにより、たくさんの企業から素早く経験者をマッチングして、「中間プロセスを無くし、センターを無くす」目的を達し、ニーズ情報を明確化して、協力プロセスを効率化します。プラットフォームにおけるユーザーを生産に参加させて、各方面の企業のノウハウを活用し、生産力を高めます。

Gartnerの市場見通しによると、2018年まで、方法2の主要モードとして、グローバルにおいて1万億ドル近くのITサービスがインターネットクラウドソーシングプラットフォームで20%を完成する、即ち2000億ドルに及ぶとしています。